小学生高学年のうち、お家で、任天堂64の本体をクリスマス贈与で親からもらいました。

当時は任天堂64は課程も流行っていて、わたしもほしいとしていたので、はなはだ嬉しかったです。
さくっとやってみると予想以上に楽しく、甚だはまってしまいました。親とも64の温厚でマリオ宴会をやったりしながら遊びました。お父さんも64を通していた時節もあります。お父さんといったチョロキューの温厚で一緒に遊んだのも喜ばしい手帳の一つだ。今では、64は販売されていないので、僅か寂し行く思います。64は時たま今もやってあり、64温厚のパワプロやマリオ筋書きなどの温厚もやってある。温厚のマリオ筋書きやパワプロ4も親からの贈与だ。マリオ筋書きは、突破ニュースを見ながら、母って各ステージをクリアしていきました。パワプロはペナントレースなどで、大物を手広く使い面白く公演していました。64を買って長年になり、傷んです所もあるは思いますが、小学校のうちの親との狙いでとして大切に保管しながら遊んでいます。今でも任天堂のプレイ機会や温厚は沢山でていますが、スゴイ貰う機会がありません。機会があれば買いたいだ。
もしも親せきやそばで64をやりたいと思っている個々がいたら、中古のプレイ屋で買って公演心がけることをお勧めしたいだ。今は時代も進みプレイ機会も進化していますが、昔の64もすごく良いプレイです。64がもう再燃する事を願ってある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です