私の今までにもらった中でベスト嬉しかったものは、小学校の息子が昨年の私の誕生日に、進呈してくれたストラップ。

世界でベスト、気持ちのこもったアクセントもののストラップやリングやネックレスを作ったりやる仕事場にいって、一所懸命ちっちゃな石を研磨したりして、内づつ石を磨いたり削ったりしてストラップを作ってくれて進呈してくれたストラップが、ベスト嬉しかった進呈の1つ。
エプロンしてメガネして軍手して、半日かけてつくってくれた系。
涙が出そうなぐらい嬉しかった。
『母さん、誕生日おめでってー』ってニヤリして渡してくれて、家族で食事食べをめぐって、相当幸せな誕生会でした。
『母さんは、リングとかネックレスをほとんど止めるから、来季は母さんにリングを作ってきて譲るね』って言ってくれて、結構楽しみにしてる。
パパには、お箸を作って授けるとか言ってたなぁ。わたしが間違えて箸を投げ棄てちゃったから…
どこにいくにもきっちり所帯によってお土産を買ってきてくれたり、おみやげお日様を大切にしてもらえる大いに手厚い息子だ。
自分のほしいカタチ買ったり、自分のために作ったりできるといったいいなといった思ったりするぐらい。そんなことを、考えてるという、誕生日進呈とか、何よりも息子が、私のお子様として、この世に産まれてきてくれたことが何よりもベスト美味しい援助なのかもしれない。
ベスト、大切にしてあげたいなとおもう大切な息子が、私の一番の宝であると想う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です